« 【糖質制限のメリットとデメリット】セルフメディケーション~専門家による健康科学情報 | メイン | 今年は体温越えの夏…対処法 サウナ&ヨガ   »

2018年8月10日 (金)

【デトックスの科学】セルフメディケーション~専門家による健康科学情報

2005年頃に流行ったデトックスという言葉。今でも様々なところで、よく耳にします。特に女性にとっては関心の高いワードではないでしょうか。
しかし、実際に、デトックスとは何を指す言葉なのか、ご存知ですか?
今回はデトックスについて学んで行きましょう!!

‐‐‐■デトックスに科学的な根拠はあるのか?‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
実は、皆様が想像する「デトックス」に、明確な科学的な根拠はないのです。
そもそもデトックスという言葉の語源は、英語のdetoxやdetoxificationです。これらの単語の本来の意味は“解毒”で、身体に溜まった毒素(老廃物や不純物など)を排出して、健康になろうという考え方です。
デトックスという考え方が現れるまでは、なにかを足して健康になろう、という足し算的な健康法が主流とされていました。
ある時から、引き算的な健康法の一つとして「デトックス」が紹介され、新しい方法論として斬新かつわかりやすく、メディアなどによって広く世間に知られるようになりました。
しかしながら、デトックスといった時の“毒素”が明確にどの物質のことかが定義されていないため、未だに定義としては非常に曖昧で科学的根拠はないとされています。
つまり、身体の老廃物を出すイメージはだれしもが感覚として持ち合わせているかもしれませんが、その老廃物とは何の物質のことなのか、についてはあまり検討がなされていないのです。

201808101

‐‐‐■デトックスのイメージと実際のギャップ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
一般的にイメージされるデトックスは、汗や便などによって、毒素が排出され、体内が浄化されるということかと思います。
デトックスを目的として、ホットヨガやサウナなどで汗をかいたり、一定期間の食事を酵素や絶食などに変えたりされているかもしれません。
しかしながら、これで本当に毒素が排出されているのでしょうか?
毒素を何として捉えるかにもよりますが、汗をかくだけでは基本的に毒素が排出されるわけではないと考えられています。そもそも、人体に影響を与える本当の意味での毒素や老廃物などは、腎臓や肝臓などの臓器を通して、便や尿で排出される仕組みが体内に備わっています。
汗によって排出される毒素については、ほとんど明らかになっていない現状もあります。
ヨガやサウナなど、それぞれの健康法の実施が正しくても、実際、デトックスとしての効果に繋がっているかはよく分かっていないのが事実です。
また極端な実施によっては、熱中症や低血糖など、別の問題を引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。

201808102

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
あなたがデトックス効果を期待して実践しているものはありますか?
それが本当にデトックスとしての効果のあるものなのかについて、今は科学的根拠がなく曖昧かもしれません。
しかし、自分に合った方法で無理なく安全に実施し、リフレッシュにつながっていれば、健康法の一つとしてはいいと言えるでしょう。

画像出典:https://www.photo-ac.com/

Photo_2

<執筆者紹介>
宇野真里子[健康運動指導士]
東海大学大学院体育学研究科 修士課程在学中
「健康づくり支援事業」を中心に活動。健康運動指導士の資格を取得し、ストレッチを中心とした高齢者の運動指導を実施。大学院では研究活動を勉強し、質の高い支援を現場に提供できるように奮闘中。

詳細なプロフィールはこちら

■協力:株式会社ハイクラス

------------------------------------------
現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
------------------------------------------

レスタWEBサイトへ 五感で楽しむ…季節のおすすめプラン とめて得するタイムズクラブ新規会員募集中

(C) RESTA All Rights Reserved.