2020年1月25日 (土)

【冬の入浴方法】~専門家による健康科学情報

1月末、本格的に寒さが厳しくなってきましたね。
寒い日はお風呂に入り、身体を温めたいと思う人も多いと思います。
入浴は正しく入れば、お風呂を出た後も保温効果が続き、気持ち良い眠りにつながります。
しかし、冬の入浴は、温かい時期と注意すべき点が少し変わり、入浴法によっては、かえって身体へ負担をかけてしまうこともあります。
今回は、冬ならではの入浴時に気を付けたい点についてまとめましたので、確認していきましょう。

‐‐‐■冬の入浴の特徴‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
入浴時の事故は冬が最も多く発生する季節と言われています。
●ヒートショック
冬の入浴では、温かい部屋から急に寒い脱衣所に行くなど、急激な温度変化は、血圧の大きな変動につながり身体へ大きな負担をかけます。
この現象は、ヒートショックと呼ばれ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし、突然死する可能性もあります。
特に、高齢者や血圧の高い方、動脈硬化などの方は、ヒートショックを引きおこすリスクも高いため、注意が必要です。

●(浴室)熱中症や脱水
熱中症という言葉は夏によく耳にしますが、冬でも起こり得る症状で、特に入浴時はより注意が必要です。
入浴中は、もちろん個人差はありますが約500mlの汗をかくとも言われており、入浴の前後で水分補給をしていない場合は、脱水状態となります。
脱水を引き起こすと、入浴で上昇した体内の熱を放出できないため、熱中症を引き起こし、入浴中に気を失い、溺死してしまうケースもあります。

‐‐‐■入浴前に気を付けたいこと‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
●脱衣所を温めておく
ヒートショックを防ぐためには、暖房器具(ヒーターなど)を置いて、できるだけ部屋と脱衣所の温度差を小さくしましょう。
また、浴室内も温まっていない場合は、お風呂の湯気で浴室内の気温を上げたり、シャワーで壁や床にお湯をかけたりするだけでも暖かくなります。

202001241

●入浴前後には水分補給
入浴中の脱水を防ぐために、水や麦茶などをコップ一杯(200ml)程度10~15分前に飲みましょう。
特に、アルコールを摂取した後は、お風呂に浸かることは推奨できませんが、その場合はすでに脱水状態となっている場合もありますので、入浴前に必ず水分補給をしましょう。

●家族にお風呂に入ることを伝えておく
これは、万が一お風呂の中で倒れてしまったとしても、早期発見につながるため、大切なことです。
長時間経っても出ない場合は様子を見に来てもらうなど、コミュニケーションをとっておくのも良いでしょう。

‐‐‐■入浴時に気を付けたいこと‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
●温度は40℃とぬるめで、10~15分程度を目安に
寒いと、熱い温度(42℃以上)で入浴をしたい方も多いと思いますが、熱いお風呂に浸かると血圧の変動がより大きくなり、意識を失うケースもあります。
入浴中に眠くなってしまう経験はあると思いますが、これは、血圧が下がっていることにより意識が薄れている可能性も高いので、長風呂は避けましょう。
さらに、長時間の入浴は脱水や熱中症を引き起こすことはもちろん、交感神経がはたらき寝つきが悪くなったり、肌が乾燥したりするデメリットもありますので、30分を超える長風呂はできるだけ避けましょう。

●急に湯船から立ち上がらない
浴槽から立ち上がったときに「立ちくらみ」を経験した方も多いのではないでしょうか?
これは、のぼせたというだけでなく、急激な血圧の変化によって引き起こされる可能性も高いのです。
浴槽から出るときは壁や手すりなどを利用しつつ、ゆっくり立ち上がるように意識をしておきましょう。。

202001242

以上のことに注意すると、ヒートショックや熱中症のリスクは下がります。
他人事と思わず、正しい入浴で身体を温めたり、疲れを取ったりしていきましょう。

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/90/90fbcdb0128213d068599b4f0489c69a_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/16/1682d279343327d15bd8f5b85aca99fa_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

------------------------------------------
★現在【北海道フェア】を開催中!

北海道フェア期間限定で、「北海道の温泉」、北海道の日本酒を使った「日本酒風呂」、ラベンダーバスなど、様々な「イベントバス」を実施中!

Photo_14_2

※詳しくはこちらから


現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

2020年1月10日 (金)

【冬太りを防ぐには?】~専門家による健康科学情報

年末年始は、ゆっくり休んだり、旅行へ行ったりと有意義に過ごすことはできましたか?
今年も良い年となるよう過ごしていきましょう。

早速ですが、今年始まってから体重を測定しましたか?
正月太りという言葉もあり、その通りに体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか?
また、正月に限らず、冬は太りやすいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は冬の方が痩せやすいとも言われています。
そこで今回は、冬太りの予防について解説します。

‐‐‐■冬の方が基礎代謝量は高くなる‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
基礎代謝量は季節によって変わると言われており、一般的に夏に比べて冬の方が高いとされています。
基礎代謝量は最も少ない時期から考えると5~10%ほど高くなるという報告が多くみられます。
冬は夏に比べ寒く、身体が冷えるため、体温を維持しようと身体を温めようとします。
身体を温めるために、筋肉を震わせる(鳥肌)などして、体内で熱を生み出し(熱産生)、その際にエネルギーも消費するため、基礎代謝量が高くなると言われています。
そのため、冬は本来、太りにくい季節と言われています。

202001101

‐‐‐‐■なぜ冬は太りやすいと言われている?‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
体重の増加は、食べすぎによる摂取エネルギー(カロリー)の増加と運動不足による消費エネルギー(カロリー)の減少が主な原因です。
基礎代謝量が増えることによって消費エネルギーが増えたとしても、いつもより食べる量が増えたり、身体を動かす機会が減ったりすれば、当然体重も増えてしまいます。
特に、年末年始や忘年会や新年会などのイベントが多く、いつもよりも食べる機会やお酒を飲む機会も増える人も多いと思います。
加えて、年末年始の長期休暇や寒いからといった理由で外に出る機会も減少してしまう人が多いでしょう。
このように、冬になると太りやすい行動が増えるため、体重も増加してしまうのです。

202001102

‐‐‐■冬太りを予防法‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
冬太りを防ぐためには、まず、暴飲暴食をしないこと身体を動かす機会を減らさないことを意識してみましょう。
当たり前のようですが、先ほどの太りやすい行動をしないようにすることが大切です。
例えば、食事の場合、ご飯の量はもちろん、お酒の量や間食なども以前より増えていないかを振り返り、増えていると感じたら減らしてみましょう。
また、外食は家で食べるよりも高カロリーである場合が多く、栄養も偏りやすくなるため、回数が増えていると体重増加につながる可能性がありますので注意しましょう。
一方、運動量は冬になって通勤などでバスを利用するようになったり、休日は寒いからと外に出る機会が減ったりしていませんか?
1日の歩数を振り返ると、どれくらい動いているかを把握することができるので、以前と比べて歩数が減らないように目標を立てながら、こまめに歩くことを意識してみましょう。
また、筋肉量が増えるとエネルギー消費量も増えるので、スクワットなどの筋トレは、太りにくい身体をつくるためには効果的な運動と言えるでしょう。

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/92e1f79aaf647950452ed73d32f3c282_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/13/1323080388eb2299486e888830094275_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

------------------------------------------
★現在【北海道フェア】を開催中!

北海道をイメージした香りとともにリラックスできる、「北海道フェア限定」ボディケア・トリートメントメニュー。

Funsai

※詳しくはこちらから


現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

2019年12月23日 (月)

年末年始も休まず営業します!

レスタは、年末年始休まず通常通り営業しております。
限定イベントなども行いますので、ぜひご参加をお待ちしております。

※12月26日(木)~1月3日(金)は特定日です。入館の際休日割増料(400円)が必要です。予めご了承のうえご利用ください。

--------------------------------------------------

■今年もやります!「カウントダウンアウフグース&初扇ぎ」

一年の最後は「108回扇ぎ」で締めくくり!
一年の最初もサウナで、心地よい汗を流しましょう。

●スタッフ2名体制で行います!
●「エクストラコールドバス」も行います!(1月1日午前0時~)
●カウントダウンアウフグース:サウナハットレンタル
●初扇ぎ:ウィンドチャイムを使った特別バージョン


場所:男性浴室・フィンランドサウナ
実施時間:
カウントダウン:2019年12月31日(火)23時45分~
初扇ぎ:2020年1月1日(水)0時15分くらい~

Photo

■エクストラコールドバス

場所:男性浴室・水風呂
実施日時:2019年12月31日(火)24時くらい

Photo_2

■金箔オイル半額キャンペーン

年末年始は贅沢な気分で『金箔オイル』を使ってお疲れを癒しませんか?
いつもの半額で利用できるお得なチャンスです!

※「蒸しタオル&オイルケア」全てのコースにオプションとして追加できます。
コース詳細はこちら

【金箔オイルの特徴】
・コメヌカオイルとハトムギオイルに金箔を配合しています。
・ヒアルロン酸、コラーゲン配合なのでハリと弾力のある肌へ。
・シワ予防、リフトアップ、代謝促進、冷えの改善が期待できます。

料金:通常2,200円のところ、1,100円(22時以降1,210円)
期間:2019年12月26日(木)~2020年1月13日(月祝)

Photo_3

■お得な「福袋」

毎年恒例の「レスタ入館券入りの福袋」を今年も販売します!
当日から利用できる入館券と、いろいろな商品の組み合わせのとってもお得な内容です♪
※数量限定。なくなり次第終了。

販売場所:フロント前売店コーナー

2019年12月20日 (金)

【年末年始のお酒の摂取量に注意!】~専門家による健康科学情報

今年も残りわずかとなりましたね。
この時期は忘年会など年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える方が多いと思いますが、飲みすぎには注意しましょう。
今回は、お酒のエネルギー量(カロリー)について解説します。
毎年、年末年始で体重が増加してしまう方は必見の内容です。参考にしてみてください。

‐‐‐■アルコールにもエネルギー量(カロリー)はある‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
お酒はアルコール度数によってエネルギー量が変わります。アルコールは1gあたり約7kcalとされています。
糖質やタンパク質は1gあたり4kcalですので、それよりも多くのエネルギー量を含んでいます。
さらに、アルコール度数が高くなるとエネルギー量も高くなります。
例えば、ビールは100mlあたりアルコール度数4~5%で40kcalに対し、同量のウイスキーではアルコール度数は40%で237kcalとなります(表1)。

201912201

‐‐■一般的なお酒のエネルギー量‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
先ほどは、100mlあたりのエネルギー量を説明しましたが、実際にはアルコール度数が高いものは少量であったり、水などで割ったりしながら飲む場合が多いため、摂取量も変化します。
表2は一般的にお店で出される1杯あたりの量とエネルギー量を示しました。
例えば、ビールは、アルコール度数が低いため、たくさん飲んでしまう方も多いと思いますが、中ジョッキ(500ml)で約200kcalと白米茶碗1杯とほとんど変わらない量となります。
食事量が少なくても、お酒を多く摂取していれば多くのエネルギー量を摂取してしまいます。

201912202

‐‐‐‐‐■糖質やプリン体にも注意!‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
エネルギー量だけでなく、血糖やHbA1cの値が高い方は糖質(炭水化物)の摂取に注意しましょう。
ビールはもちろん、酎ハイのような甘い飲み物や日本酒等にも糖質が多く含まれています。
また、尿酸値が高い方はプリン体の摂取量にも気を付けましょう(表2)。
「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」ではプリン体の摂取は1日400mlを目安としており、摂取過多であると、痛風の危険性が高まるとしています。
プリン体は、食べ物でも特に肉類(特にレバー)や魚介類、干物などにはたくさん含まれており、お酒だけでなく食品にも注意が必要です。

201912203

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
2日酔いの予防やアルコールなどについては過去に記事もありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【二日酔いの予防と対策】http://blog.timesspa-resta.jp/2017/12/post-c638.html
【お酒の適正な量とは?】http://blog.timesspa-resta.jp/2017/12/post-c638-1.html

楽しく健康に過ごして、2020年を迎えましょう!

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e5/e5ea7f7fed5d41d83a9a60dfe5af2110_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

------------------------------------------
★現在【北海道フェア】を開催中!

北海道にちなんだお料理や飲み物を限定メニューとしてレストランにて提供中です♪
おすすめは30品目以上の食材を使った「北海道プレート」です。

※詳しくはこちらから

S_3
現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

2019年12月 6日 (金)

【北海道フェア】北海道の食材で健康に~専門家による健康科学情報

2019年も残すところあと1ヶ月を切る中、冷え込みも厳しい冬本番を迎えましたね。
さて、タイムズ スパ・レスタでは、2019年12月~2020年2月までの3か月間「北海道フェア」を開催しています。
期間中、北海道にちなんだ食材を使用した商品も提供されています。
北海道と言えば、ホタテやカニなどの海鮮をはじめ、豚丼やジンギスカン、チーズや牛乳、ジャガイモなどの特産品がたくさんあります。
今回は、北海道の特産物の中から、体力をつけたいこの時期におすすめの食材について、ご紹介します。

‐‐‐■カニ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
カニ(ズワイガニ、ゆで)は可食部100gあたり69kcalでタンパク質は15.0gと低カロリーかつ高たんぱくな食材です。
さらに、ビタミンB群やミネラルも豊富に含み、疲労回復や免疫力の向上に効果のある食材として、知られています。
特に、体内の状態を一定に維持できるように調節する機能(恒常性:ホメオスタシス)を高めるアミノ酸の一種であるタウリンが多く入っています。
タウリンは主に、肝臓のはたらきを助け、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用や血圧を正常に保ったり、下げたりする作用があります。
また、甲羅の部分に含まれるアスタキサンチンという赤い色素には、抗酸化作用があると注目され、老化防止に効果があると期待されています。

201912061

‐‐‐■ジャガイモ(馬鈴薯など)‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ジャガイモは糖分が多く含まれ、主食としても用いられる食材ですが、ビタミンB群やビタミンC、カリウムなども豊富に含まれています。
糖質が多いイメージもあるかもしれませんが、可食部100gあたり糖質(炭水化物)は17.3g、エネルギー量は76kcalで、同量の白米(炭水化物36.1g、エネルギー168kcal)と比べ糖質、エネルギー量ともに半分以下くらいと少ないのです。
さらに、ビタミンCがミカンと同じくらい豊富に含まれていることもジャガイモの特徴です。
ビタミンCは熱に弱く加熱すると溶け出てしまう特徴がありますが、外側がでんぷんで覆われ、ビタミンCが失われにくいため、多く摂取すること可能です。

Ss

‐‐‐■ジンギスカン(羊肉)‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
北海道は酪農も盛んで、牛、豚もとても有名ですが、羊肉を食べるジンギスカンも有名ですね。
羊肉は、ラム(仔羊肉)とマトン(成羊肉)の主に2種類に分けられ、一般的には臭みのないラム肉が食べられることが多いです。
羊肉は、牛や豚に比べ、低エネルギー、高たんぱくで、銅(ヘモグロビンを生成に必要)や亜鉛(タンパク質の合成に必要な酵素の材料の1つ)などのミネラルも豊富に含まれているのが特徴です。
また、羊肉の脂肪は牛肉や豚肉に比べ、融点が高く、体内に入っても吸収されにくい上、脂肪燃焼のはたらきや筋肉の損傷を抑えるはたらきがあると報告されている、カルニチンも多く含まれています。

201912062

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
このように北海道産の食材は、疲労回復や免疫力を高める食材がたくさんありますので、積極的に食べましょう!
※文中の食品成分については、文部科学省食品成分データベースを参考に記載しています。

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9d/9d7c15611597fd991ba655a23250b66f_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e0/e0cf519630bb6253f233a8be368e08c4_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

------------------------------------------
★現在【北海道フェア】を開催中!

北海道にちなんだお料理や飲み物を限定メニューとしてレストランにて提供中です♪
おすすめは「北海道プレート」です。※詳しくはこちらから

S_3
現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

2019年11月26日 (火)

【北海道フェア】情報コーナー

北海道に関する様々な情報をお届けします。

■パンフレット設置(11階ロビー)

■動画で楽しむ(露天風呂)

露天風呂の大きなモニターでは、北海道に関する色々な動画を上映いたします。ぜひお楽しみください。

Photo

協力:北海道、(公社)北海道観光振興機構

【北海道フェア】物産コーナー

北海道産のジュースやアイスクリーム、おつまみなど、様々な商品を販売いたします。

Photo_2

販売商品詳細は後日ご紹介いたします!

販売商品(一部)

Photo_4

■じゃがいもザクザク

Photo_5

■枝豆ポリポリ

Photo_7■赤いきつねうどん 北海道限定版

Photo_8

■北海道ご当地アイス

【北海道フェア】限定 リラクゼーションメニュー

北海道フェア限定のお得なリラクゼーションメニューです。

今年は、北海道をイメージした“香り”にこだわりました。

Funsai

タイムズクラブ会員限定【北海道フェア】蒸しタオル&オイルケア 60分パック

日本人の身体に合わせた、心と身体の疲れを癒やすボディケア。じんわり温めながら疲れ解きほぐし、オイルで押し流します。
ヘッドケアもついた特別メニューです。お得な入館料込パックです。

通常11,250円相当が10,500円(税込) 22時以降 通常12,140円相当が11,325円(税込)


入館 + オイルケア40分 +蒸しタオルのもみほぐし10分+ ヘッドケア10分FUNSAI

北海道フェア限定の香りでリラックス
北海道をイメージした3種類のアロマから、お好きな香りを選べます。

Photo_9

【北海道フェア】フィトメールホットアロマボディ&フェイシャル

「ホットストーン」を使ってボディケア。身体の芯から温まります。冷え症、ツライ疲れが気になる方におすすめ。ラベンダーオイルを使用します。


70分プラン ボディ40分+フェイス20分+ホットストーン10分
通常13,200円相当が11,500円(税込)

90分プラン ボディ60分+フェイス20分+ホットストーン10分 ※ローズオイルも選べます。
通常18,400円相当が13,500円(税込)

★特別オプション:ドライヘッド10分1,800円、アロマリフレクソロジー10分 1,800円

【北海道フェア】AIRDO機内限定品

AIRDO機内でしか購入することのできない商品が登場!

Photo_10

■ベア・ドゥ ぬいぐるみ(Sサイズ)

大人気のAIDO公式キャラクター「ベア・ドゥ」のぬいぐるみです。

Photo_11

■オニオンスープ 

北海道北見産のタマネギをたっぷり使った風味豊かなスープです。

AIRDOの機内でもサービスされているスープです。

【北海道フェア】料理&ドリンク

レストランでは、北海道フェア限定の料理、ドリンクをご用意いたします。

北海道の色々な「海の幸」、大地の恵みのおいしいお野菜や乳製品。ぜひ色々なメニューをお楽しみください。

Photo_3

Photo_4

※メニューは一例、写真はイメージです。