2020年5月24日 (日)

【沖縄フェア2020】沖縄物産店「わしたショップコーナー」

Photo_3

フロントでは、沖縄に関する商品の販売も行っています。

沖縄物産店「わしたショップ」とのコラボ企画です。

スタッフ厳選した、沖縄ドリンク、スナック、おつまみなどを販売しています。

館内で沖縄の雰囲気を楽しんでいただくだけではなく、ご自宅にも沖縄の雰囲気をお持ち帰りいただけます。

_190417

銀座わしたショップリニューアル!

■球美の水 (硬度250)
100%沖縄・久米島の海洋深層水を使用しています。

179236167_1

■Ryuspa Refining フェイスシートマスク

久米島の海洋深層水を使ったフェイスマスク。
ビタミンC誘導体やマリンプラセンタ、ハートヒアルロン酸やエラスチンなど10数種類の植物性美肌成分配合の贅沢なマスクです。やさしいフローラルの香り。

Photo_4

■沖縄ドリンク ヒラミ8、ジュース各種

「ヒラミ8」は、シークヮーサーの濃縮ジュース。
JAおきなわのジュースは、沖縄のフルーツを使っています。「シークヮーサー」「タンカン」「パインアップル」の3種類です。

Photo_2

■お菓子など
「サータアンダギー」「紅いもチップス」「ジミークッキー」「ケックンチップス」などなど。いろいろな沖縄の味も販売中。館内で楽しんでも、お土産としてもどうぞ。

Food

■沖縄くちゃパック
汚れに吸着する泥パック。お水や蒸留水と混ぜて、顔パックすると毛穴もスッキリ。

Photo_3

【沖縄フェア2020】沖縄フェア限定ボディケア&トリートメント

Photo

沖縄フェア期間中には、限定のボディケア・トリートメントメニューもご用意します。

■蒸しタオル&オイルケア 70分プラン【入館料別】

【蒸しタオルのもみほぐし10分+オイルケア50分+ヘッドケア又はフットケア10分】
9,200円 22時以降10,120円

★沖縄フェア限定アロマを選べます。
ハイビスカス、シークヮーサー、ジャスミンなど沖縄をイメージしたアロマでリラックスしながらお疲れを癒しませんか。

161012_5011779

Photo_2

■アユタヤ 70分プラン【入館料別】

【タイ健式60分+腕のほぐし10分】
7,900円 22時以降8,690円

★沖縄フェア限定アロマを選べます。
ハイビスカス、シークヮーサー、ジャスミンなど沖縄をイメージしたアロマでリラックスしながらお疲れを癒しませんか。

Photo_2

■アロマボディ&フェイシャル 80分プラン
【アロマボディ60分+アロマフェイシャル20分+ローズオイル】 12,600円

ローズオイルを使った特別コース。沖縄の天然素材「くちゃ(泥)」のパックはミネラルも豊富なので、組み合わせるのがおすすめ!

※メイクを落とした状態でお越しください。

★オプション 沖縄の「くちゃ(泥)パック」10分 1,800円

N_plan_img_337

※写真はイメージ

2020年5月22日 (金)

【肩こり予防のストレッチ②】~正しく知ろう!健康科学情報と簡単エクササイズ

前回は肩こりの原因について解説をしました。
肩こりを予防、解消するためには、肩周辺の筋肉をこまめに動かすことが重要です。
1種類だけでなく、複数の種目を実施して色々な筋肉を動かすことで、より予防につながります。
自分の体力に合わせて、毎日数分でも良いので実施していきましょう!


‐‐‐■肩甲骨周辺のストレッチ①‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2020053

【実施の流れ】
①体の前で手を合わせて、両肘をくっつけて、手を合わせます。
②手のひらや肘が離れないように腕を高く上げます。
②の状態を20~30秒間キープさせ、休憩をはさみながら2~3セット実施しましょう。

【注意点・アドバイス】
痛みが出る場合は、無理して肘をくっつけたり、上げたり必要はありません。
無理なくできるところで、キープしましょう。

‐‐‐■肩甲骨周辺のストレッチ②‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2020054

【実施の流れ】
①両肘を90度に曲げ、両手を外側に開き、できるだけ肩甲骨を引き寄せます。
②両手を体の前に動かし、両手の甲と両肘をつけ、肩甲骨をできるだけ開きます。
この動作を10回程度ゆっくり行い、休憩をはさみながら、2~3セット実施しましょう。

【注意点】
②で手の甲や肘がつかない場合は、できるところまでで構いません。痛みを感じず、無理なくできるところまで実施しましょう。

‐‐‐■肩甲骨周辺のストレッチ③‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
この種目はローイングとも呼ばれ、ボートを漕ぐ動作をする動きです。

2020055

【実施の流れ】
①両腕を肩の高さまで上げ、まっすぐ伸ばし、手を重ねます。
②肩甲骨を背中の真ん中に引き寄せるイメージで、両肘を、ゆっくりと後ろに引いていきます。
この動作を10回程度ゆっくり行い、休憩をはさみながら、2~3セット実施しましょう。

【注意点】
両肘が上下しないよう、水平に保ったまま引きましょう。
肩の位置は、高く保つとさらに伸びますので、楽だと感じる方は上げてみましょう。

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

2020年5月 8日 (金)

【肩こりの原因】~正しく知ろう!健康科学情報と簡単エクササイズ

4月に発表された緊急事態宣言から約1ヶ月が経過しましたが、健康状態に問題はないでしょうか。
いつもと違う環境での仕事や生活は、なかなかすぐに慣れず、多少ストレスもあったのではないかと思います。
また、座っている時間なども増え、肩こりや腰痛などに悩まされている人も増えているのではないでしょうか?
そこで今回は、肩こりの原因について解説いたします。
肩こりを引き起こす生活をしていないかチェックしてみましょう。

‐‐‐■肩こりのメカニズム‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩こりは病気ではないため、明確な定義はありません。
肩周辺の筋肉(僧帽筋や肩甲挙筋など)は、頭や腕など、合わせて10㎏前後を常に支えているため、緊張した状態が続いています。
筋肉が緊張した状態が続くと、血管は収縮し、血流が悪く(滞る)なります。
血流が悪くなることで、肩周辺の周辺への酸素や栄養が行きわたらなくなったり、老廃物が溜まったりします。
その結果、筋肉が固くなり、痛みやだるさが症状として表れます。

‐‐‐■長時間の同じ体勢は避ける‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩こりを引き起こす身体的な原因は、「運動不足」や「長時間の同じ姿勢(姿勢の悪さ)」などがあります。
特に、長時間のデスクワークやPC作業、スマホの操作などは、肩周辺の筋肉が緊張した状態が続くため、負担が大きくなります。
また、猫背であごを突き出した状態や背もたれに寄りかかる状態が続くなど、悪い姿勢も肩こりを引き起こす原因の1つです。
1時間に1回は5分程度の休憩を入れ、歩いたり、ストレッチをしたりするなど、同じ体勢を続けない工夫が必要です。

2020051

‐‐‐■気温やストレスも肩こりの原因に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩こりは、ストレスなどの精神的要因や寒さなどの環境的要因の影響も受けると言われています。
緊張した際に「肩に力が入る」と表現されるように、精神的にストレスがかかっている状態は、肩の筋肉も緊張しています。
そのため、ストレス状態が長く続くと、肩周辺の血行が悪くなり、肩こりにつながると言われています。
また、身体は冷えると縮こまる状態となり、肩が常に上がり、筋肉の緊張した状態となります。
寒い季節だけでなく、暑い季節も冷房によって身体が冷える危険性があるので、注意しましょう。
以上のようなストレスや冷えなどに対しては、ストレッチを中心とした運動で身体を温めることも有効ですが、お風呂に浸かることで、リラックスしたり、身体を芯から温めたりすることで、肩周辺の筋肉の血流を促すことも有効とされています。

2020052

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩こりは、主に筋肉が固くなり、血行不良となることで引きこされると説明をしました。
しかし、筋肉でなく、関節など特定の場所が痛む場合やしびれを伴う場合は、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)や頸椎椎間板ヘルニアなどのケガや心臓の病気などが原因である可能性も考えられます。
この場合、無理に肩を動かすと痛みが悪化する可能性があります。
痛みで肩が上がらない場合や休んでも痛みが改善されない、悪化している場合は、整形外科で専門医の指示に従いましょう。

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/10/1039d3712e1b2af3ecaf13cb7a1928ca_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/be/beff4003cc2159cb794e3012d9c5f8df_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

2020年4月17日 (金)

【肩こり予防のストレッチ①】~正しく知ろう!健康科学情報と簡単エクササイズ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、4月8日には、7都府県、4月16日には残りの全都道府県に緊急事態宣言が発令され、思うようなスタートを切れていない方も多いかもしれません。
そのため、外出を控えている方がほとんどだと思いますが、歩数の低下などの運動不足を感じている方も多いのではないでしょうか?
今回は、自宅でも簡単にできる肩こりの予防の運動を紹介します。
自宅で同じ体勢での作業が続く方やあまり身体を動かしていない方は、ぜひ実施してみてください。

‐‐‐■首のストレッチ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
首の筋肉は、PC作業など長時間動かさないと固まり、肩こりにもつながります。

2020041

【実施の流れ】
①片方の腕を頭の上(反対側の耳)に回し、反対の腕を背中に回します。
②頭を横に倒します。反対側の肩は上がらないように腕を下げましょう。
20秒~30秒ゆっくり伸ばし、左右2~3セット実施してみましょう。

【注意点】
首だけでなく、上半身も一緒に横に倒れるとあまり伸びないので、注意が必要です。
背中に回している手を身体に固定するように巻き付けると、さらに伸びを感じます。

‐‐‐■肩甲骨周辺のストレッチ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩甲骨周辺の筋肉は広背筋や三角筋など、背中から肩、腕などとつながっています。
これら肩甲骨周辺の筋肉がかたくなると、こりにつながります。

2020042

【実施の流れ】
①両手を肩に乗せます。
②両肘を前で合わせます。
③両肘を上に回します。
④肘で円を描くように回し戻します。
10回繰り返したら、反対回しも行いましょう。1回に1~2セット実施してみましょう。

【注意点】
寝起きや長時間の作業をした後など、肩甲骨周りをほとんど動かしていない状態から、いきなり速く、大きく動かすと筋肉を痛める可能性があります。
最初は小さく、徐々に大きな円を描くようにゆっくり回しながら、回数を重ねましょう!

‐‐‐■肩のインナーマッスルのストレッチ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
肩のインナーマッスルは、主に三角筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋などの小さい筋肉を指します。
これらの筋肉は、普段の生活では動かす機会が少なく、固まると肩の痛み(四十肩など)につながります。

2020043

【実施の流れ】
①両手を水平に広げ、親指を立てます。
②親指を立てたまま肩を前後に大きくひねります。
10往復したら、少し休憩し、ひねる速さも変えながら、もう1セット実施してみましょう。

【注意点】
腕を前後にひねる際、腕が上下に動いたり、肩の位置が下がったりしないよう、水平に保ちましょう。
さらに、肘からではなく、肩から前後に大きくひねります。

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ご紹介した、回数や時間はあくまで目安です。自分の体力に応じて調整をしましょう。
また、すでに肩に痛みや違和感がある場合は、無理に実施せず、医者の指示に従ってください。
実施中に肩の痛みや違和感があった場合は無理をせず中断しましょう。
体力低下を抑えるために家でできる運動を毎日数分でも良いので実施していきましょう!

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

2020年4月 6日 (月)

【感染症を予防しよう!】~正しく知ろう!健康科学情報と簡単エクササイズ

【今回から内容をリニューアルして、毎月2回「健康科学情報」と、「簡単に自宅でもできるエクササイズ」をご紹介して参ります。日々の健康を保つための参考にしていただければ、と思います。】

-----------------------------------------------------------------

新年度に入り、暖かい日も増え、過ごしやすい季節となりましたね!
しかし、依然として、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、多くのイベントの延期や中止など自粛が続いていますね。
都内近郊では、感染拡大に伴い、「不要不急の外出を控えましょう」という言葉をよく耳にするようになりました。
1人1人が感染を防ぐため、もう一度、感染症予防のために何をすべきか確認をしていきましょう。

‐‐‐■手洗いを心がけましょう‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
感染症の原因となる細菌やウイルスは、ドアノブや電車のつり革、スイッチやボタンなど日常生活のいたるところに付着しています。
これらを手で触り、手を洗わずにそのまま目や鼻、口などに触れ、体内に侵入することで感染に至る場合があり、これを「接触感染」と呼びます。
接触感染は手で触った細菌やウイルスが体内に入ることで引き起こされるため、食事前を中心とした手洗いが重要となります。

■手洗い方法の手順は、厚生労働省や首相官邸などのホームページ(以下、URL)でも公開されているので、もう一度読んでおきましょう。
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/tearai.pdf

「爪の間」「手首」は忘れやすい箇所で、普段は洗わない方も多くいると思いますので、丁寧に行いましょう。
また、洗い流したあとも家族共有でのタオルを使っていたり、服など清潔でないもので拭いたりしてしまうと、細菌やウイルスが再び付着する可能性があるので、清潔なタオルなどでしっかり拭きとるように心がけましょう。

202004061

‐‐‐■正しいマスクの着用を‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
その他の代表的な感染経路は、「飛沫感染」や「空気感染」があります。
飛沫感染は、咳やくしゃみ、会話によって飛ぶつばなどの飛沫(こまかい水分)に含まれる病原体を吸いこんでしまうことで、症状を引き起こす可能性があります。
一方、空気感染は、空気中に漂う細菌やウイルスを吸い込むことで、症状を引き起こす可能性があります。
飛沫感染では最低でも2m程度は届く範囲ですが、空気感染では、どこにいても細菌やウイルスを吸い込む危険性があります。
いずれにしても、細菌やウイルスを吸い込まない、または拡散させないためにも、マスクの着用によって、感染予防や拡大防止につながります。
マスクの着用方法についても以下のホームページを参考に正しくつけるように心がけましょう。
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/seki.pdf

マスクがない場合は、ハンカチやタオルなどで鼻や口を覆うことでも、予防となります。

202004062

‐‐‐■「3密」を防ぐ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
3月末に新たに感染症拡大防止のために「NO!!3密」という言葉で呼びかけています。
①換気の悪い「密」閉空間
②多くの人の「密」集する場所
③近距離での「密」接した会話

多くの企業では、自宅でも仕事ができる(テレワークなど)ような対策をしており、感染予防をしています。
窓を開けての換気や、イベント等で多くの人が集まる場所へ行かない行動は、自分が感染しないようするためにも、他人に感染させないようにするためにも重要な対策となります。

‐‐‐■最後に‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
今回の新型コロナウイルスに関する情報はテレビやインターネット等でも、正しい情報から不確かな情報まで流れることがありますので、1つの情報だけで判断しないように心がけましょう。
また、感染が疑われる場合には、各都道府県で公表されている「帰国者・接触者相談センター」へ相談をしましょう。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9e/9e87f5c0e51bbcfe10f295895b54f46a_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/08/08f982d6cc8b83db9513e9e3880f7727_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

2020年3月27日 (金)

【お風呂でできる花粉症対策!】~専門家による健康科学情報

連日、新型コロナウイルスの感染拡大によって、様々な方面に影響が出ていますね。
この時期は花粉症の時期とも重なりマスクが手に入りにくい状況が続いており、苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。
花粉が体内に入らないように、屋外から屋内に入るときに服についている花粉を払ったり、服や布団を屋外に干さなかったりなど、様々な工夫で予防・対策ができます。
その中でも、入浴は花粉症の症状を和らげる効果があります。

‐‐‐■入浴で症状緩和‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
外出した際は、花粉が顔や髪などに付着します。
家に戻ってきた際、そのままにしておくと花粉症の症状が出やすくなってしまいますので、お風呂で花粉を洗い流すことは、対策の1つとなります。
シャワーで花粉を洗い流すだけでも良いですが、くしゃみや目のかゆみなどの症状がひどい場合は、湯船に浸かることで改善が見込まれます。
●湯船に浸かると血流が良くなる
鼻詰まりは、アレルギー反応により鼻の奥の粘膜が腫れ上がってしまうことで起こります。
この腫れは、粘膜の下の毛細血管の中に血が溜まり、血流が悪くなることで引き起こされます。
そのため、湯船に浸かり血流を良くすることで、鼻詰まりの解消につながります。
また、お風呂で温かい湯気を吸い込むことで、鼻や喉の内側が湿ることで、付着している花粉を排出し、症状が緩和されるとも言われています。

202003271

●ぬるめのお湯に浸かりましょう。
鼻詰まりの解消などに良いとされる湯船の温度は38~40℃程度とぬるめが良いとされています。
42℃を超える熱めの温度で入浴すると、かゆみなどのアレルギー症状を悪化させる「ヒスタミン」という物質が体内で分泌され、かえって症状が悪化する場合もあります。

‐‐‐■タオルで目のかゆみを緩和!‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
疲れ目やドライアイなどの場合は、温めた方が良いと言われています。
しかし、目にかゆみや充血している場合は目の血管がさらに広がってしまい逆効果となってしまう恐れがあります。
目のかゆみや充血がある場合は、冷やしたタオルを数分間まぶたの上に乗せて冷やすことで、かゆみや充血が抑えられると言われています。

‐‐‐■その他‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
花粉症の症状の1つに、乾燥肌や肌荒れ、かゆみなどもあります。
入浴後は、身体から熱を放出するために皮膚から水分や油分が抜けてしまい、乾燥してしまうため、症状が悪化する恐れもあります。
肌のかゆみや乾燥などが入浴後に出る方は、入浴剤を使用したり、入浴後に保湿クリームなどを使用したりすると良いでしょう。

202003272

今後も、入浴で体調を整え、健康維持を目指しましょう!

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ab/ab49bb4ece15ddfcd0977487f25247b8_t.jpeg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/69/6984cb22d2bc7fbf1abdcec612d3eb90_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

-----------------------------------------
現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

2020年2月21日 (金)

【冬のスポーツを楽しもう!】~専門家による健康科学情報

冬は寒くてあまり運動やスポーツをしたくないという方も多いのではないでしょうか?
しかし、冬ならではの種目や夏より冬の方が実施のしやすい種目がいくつもあります。
そこで、2~3月でもまだまだ楽しめる冬に運動やスポーツについて解説いたします。

‐‐‐■スキー・スノーボード‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
スキーやスノーボードは冬の代表的なスポーツの1つで一度は実施したことがある人も多いと思います。
スキーやスノーボードのエネルギー消費量は、ジョギングと同じくらいエネルギーを消費すると言われており、比較的強度の高い運動です。
ジョギングが苦手な方でも、スキーやスノーボードは休みながらでも、楽しんで滑ることができます。
また、自転車と同じように一度すべり方を覚えると、長期間滑っていなくても、滑り方を忘れないと言われています。
しばらく実施していなかった方でも、すぐに再開できますので、これを機会に冬山へ行ってみてはいかがでしょうか。

‐‐‐■スノーシュー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
スノーシューとは、西洋かんじき(ワカン)とも呼ばれる、雪の上を歩くための道具です。
かんじきという名の通り、靴の接地面積を大きくすることで、雪上での浮力が高くなり、雪山でも雪に埋もれずに歩きやすくなります。
特別な技術も必要ないもないため、初心者でもすぐに実施ができます。
スノーシューを履いてスキーやスノーボードでは入ることのできない、自然の中を歩くことができるので、いつもと違う雪山を楽しむことができます!
ツアーやガイドも増えていますので、利用してみると良いでしょう。

202002211

‐‐‐■ランニング‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
冬のランニングは、夏のように気温が高くないため、熱中症の心配も少ないことや、長い距離でも走りやすくなることも特徴です。
また、マラソン大会は夏よりも冬から春に行われることが多く、全国各地で開催されています。
大会に出場するという大きな目標があると、運動の意欲も高まり、習慣となりやすいので、運動を始めたい、続けたい人にとってはエントリーしてみると良いでしょう。
短い距離(5kmくらい)の大会やウォーキング大会など、自分の体力に自信のない方でも比較的参加しやすい大会もありますので、ぜひチャレンジしてみましょう!

‐‐‐■観るスポーツも充実しています!‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
冬のスポーツでは、スキーやスケートなど雪上や氷上のスポーツを思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、マラソンやサッカー、ラグビーなどのシーズンは冬に開幕するため、多くのスポーツを楽しむことができます。
テレビやネットでの観戦はもちろんですが、実際に会場に行って観戦することも、自身の運動量を増やすきっかけとなります。
ぜひ、お休みの日は検討してみてください。

202002212

画像出典:

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/36/36bf192dafe699ffe32161c232246715_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/73/731746eb777b5b9b66d4a8cb382240c4_w.jpg

Photo

<執筆者紹介>
岡本尚己[健康運動指導士]
中高年者から高齢者を中心に運動教室やカウンセリングを通して、健康づくりの指導や支援を実施中。学会発表などの研究活動も行い、健康科学に基づいた指導を追究中。

詳細なプロフィールはこちら 

------------------------------------------
★リラクゼーションメニュー【冬のおすすめプラン】

冬におすすめの身体を温めて疲れを癒す、お得なコースをご用意しています。

Funsai2

※詳しくはこちらから


現在レスタでは「スパでセルフメディケーション」というコンセプトのもと、よりいきいきと元気に過ごすための「ご自身による健康管理」を応援しています。
-----------------------------------------

【フィンランドフェア】フィンランドコーヒーサービス

Web_11

フィンランド人は一人あたりのコーヒーの消費量がとても多いことでも有名。フィンランドの「ロバートパウリグロースタリー」のコーヒーご体験いただけます。

~フィンランド「ロバートパウリグロースタリー」のコーヒーをどうぞ~
フィンランドで有名なロバーツコーヒーを始めたロバートパウリグ氏が自身の名前をネーミングした渾身の作品(ブレンド)をお楽しみください。
フィンランドで愛されるロバートパウリグの定番で、柔らかい飲み口のライトテイストです。

Photo_3

Photo_4

時間:毎日15時 ※なくなり次第終了

場所:ロビー

【フィンランドフェア】フィンランドデザインのインテリア雑貨 展示&販売

Web_10

フィンランドには、おしゃれなデザインのインテリア雑貨がたくさんあります。フィンランドの自然素材を使った雑貨などを、ぜひ体感してみてください。

館内に展示したり、売店コーナーでの販売も行います。お土産にもぜひどうそ。

★Lovi(ロヴィ)

フィンランドならではのおしゃれなデザインの商品を館内各所に展示します。
フィンランドの自然素材を使った大型Loviツリーなどをぜひ体感してみてください。
売店コーナーではLoviカード型オブジェをはじめ、フィンランドの楽しい雑貨や食品の販売も行います

Trees_2m_black_and_nature_yellow_s

Lovi

Loviオフィシャルサイト

協力:株式会社アルコデザイン