« 【健康習慣作り:花粉症の基礎知識】セルフメディケーション~専門家による健康科学情報 | メイン | 【健康習慣作り:花粉症のセルフケア】セルフメディケーション~専門家による健康科学情報 »

2018年3月16日 (金)

サウナ&ヨガの魅力~瞑想って?

こんにちは、サウナ&ヨガ インストラクターのtakakoです。今日は「瞑想」について。

サウナの中で、時々目をつぶって静かに「瞑想」しているかのような方を目にすることがあります。
瞑想について、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
心を晴れやかにしてくれる、集中力が増す、ストレス解消になる、などなど色々なことがいわれています。

しかし実際に「瞑想をしてみよう」と座って目を閉じてみたけど、気がつくと他のことを考えてしまっている。。。ということはないでしょうか。
瞑想とは??物思いにふけること違うの?一体瞑想ってどんな状態なの?と色々な疑問もわいてきます。

22450796_1503886623030566_163729667

そんな時には、あることに集中してみましょう♪
それは…『呼吸』です。

まず、楽な姿勢で座ってみましょう。
背もたれがないと辛いなら、椅子に座ってもいいです。まずは心地よく座ってみます。

そして、軽く目を閉じて、手のひらを肋骨のあたりに当てます。

口は軽く閉じ、鼻で呼吸をします。吸って吐いて、吸って・・・、吐いて・・・。
手のひらで肋骨の動きを感じましょう。
呼吸によって肋骨が開いたり閉じたりるの動きをただ感じる。吸って、吐いての繰り返しです。

気がつくと他のことを考えているかもしれません。
そんな時には直ちに自分の中に戻りましょう。
吸って吐いて、肋骨が開いたり閉じたり。聞こえるのは自分の「呼吸の音」だけになってきます。

気がつくと『あれ、どのくらい時間が経っていたの?』と思えてくるでしょう。
そう、それが「瞑想」なのです!!そう感じることができれば良いのです!

ひとりひとり感覚は違うので“この状態です、という決まりはない”と私は思います。
この状態と決めてしまうとそこに人は縛られるように思うからです。  
自分の思考が働き出し、自分が今呼吸をしていることを忘れ、その瞬間を感じること、そしてまた呼吸に意識を向ける。
そんなことを繰返しながら、集中した状態になっていくのです。

ストレスがある方や悩みがある方には、“動く瞑想”もおすすめです。
“動く瞑想”についてはまた別の機会のお話したいと思います。

サウナでは、無理をしない程度の「プチ瞑想」がおすすめです。
サウナの中で呼吸に意識を向けてプチ瞑想、その後には水風呂(無理な方はぬるめのシャワー)に入りましょう。爽快感がすごいんです!なんだか浄化されたような気分です。通常の瞑想では感じることのできない感覚が味わえることでしょう。
ぜひためしてみてくださいね。C6ih90ru8aagmai

「サウナ&ヨガ」で身体をゆるめた後、ひと休みしてから、もう一度サウナに入って「プチ瞑想」してみてはいかがでしょう?

---------------------------------------

サウナ&ヨガ実施スケジュール(3月~5月)

●1日3回 14時~、16時~、18時~
3月17日(土)、4月15日(日)、4月28日(土)、5月12日(土)、5月27日(日)

場所:女性クリアミストサウナ
---------------------------------------
takako

レスタWEBサイトへ 五感で楽しむ…季節のおすすめプラン とめて得するタイムズクラブ新規会員募集中

(C) RESTA All Rights Reserved.