« 館内音楽をリニューアルしました~レスタ快適化プラン~ | メイン | ローズアワード結果発表!  ~投票ありがとうございました~ »

2014年2月 1日 (土)

レスタ休息・快眠コラム Vol.3 ~快眠の鍵は入浴での体温コントロール~

帰宅が遅く、そのままベッドに入って、朝シャワーを浴びる。そんな日は、あまり疲れが取れないと感じたことはありませんか? 

一日の疲れを取るのは睡眠ですが、その度合いは入浴によって変わります。睡眠は体温と密接な関係があり、「深部体温(身体の内部温度)が下がると眠くなる」という仕組みがあります。深部体温が下がるときは、深部の熱が身体の表面に移動してくるので、身体はポカポカしてきます。

入浴しないと血流が悪くて熱が移動しにくいうえ、皮脂やほこりで汗腺がふさがれているので、汗による熱の放散が妨げられ、熟睡できません。

Roten_2

今回は、レスタはもちろん、ご自宅でも実践していただける【おすすめの入浴法】をご紹介します。

■快眠と健康によい入浴法は
38~41℃のお湯に15~20分くらい、額がうっすら汗ばむまで入ること。しっかり温まることで、代謝が活発になり、疲れにくい身体になります。就寝1~2時間前に入ると、深部体温が下がってきたタイミングで、ぐっすり眠ることができます。入浴が就寝直前になってしまった場合は、深部体温を上げすぎないように、サッと入るのがコツ。

■足浴だけでも
ゆっくり入浴できないときでも「足浴」をして、汗腺が多い足裏の汚れを落としましょう。43度くらいの熱めのお湯で約10分、くるぶしの上までしっかり浸かるようにします。心臓から一番遠い足先が温まると、全身の血行がよくなって、深部体温も下がりやすくなります。

■朝は
熱めのシャワーを浴びて交感神経を刺激すると、目覚めがスッキリします。体温上昇を助ける、熱めの足浴もおすすめです。入浴で上手に体温をコントロールして、心地よい眠りと目覚めを迎えてくださいね。
mihashis.jpg

快眠セラピスト 三橋美穂先生 
※プロフィールなどはこちら

 

レスタ 近藤

レスタWEBサイトへ 五感で楽しむ…季節のおすすめプラン とめて得するタイムズクラブ新規会員募集中

(C) RESTA All Rights Reserved.