« 謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 ~新年のご挨拶~ | メイン | 癒しの音「ヒーリングライブ」 ~毎週土曜日~ »

2014年1月 1日 (水)

レスタ休息・快眠コラム Vol.2~アロマでぐっすり快眠&スッキリ目覚め~

快眠セラピスト三橋美穂先生による連載コラム、第2回目のテーマは「アロマと快眠」です。

一瞬で気分を変えることができるアロマテラピー。
緊張が強いときや、落ち込んでいるとき、アロマは心のバランスを整えるのに役立ちます。

香りを大きく分けると、夜の眠りに向いているリラックス(沈静)作用のあるものと、朝の目覚めに向いているリフレッシュ(覚醒)作用のあるものがあります。

◆代表的なリラックスアロマといえば
【ラベンダー】です。甘さと爽やかさを含んだ香りは、心を鎮めるハーブとして、最も親しまれています。

◆夜の眠りによいアロマは
フローラル系で女性ホルモンを調整する【ゼラニウム】、柑橘系で気持ちを明るくする【スイートオレンジ】、樹木系で思わず深呼吸したくなる【シダーウッド】などがあります。
ラベンダーの香りが苦手な人でも、ゼラニウムやオレンジなどとブレンドすることで、心地よい香りに変わることがあるので、ぜひ試してみてください。

◆朝の目覚めによいのは
スッキリ爽やかな【ペパーミント】【レモン】【ローズマリー】【ユーカリ】など。

※殺菌作用のあるユーカリはインフルエンザ対策にも有効なので、リラックス系のオイルに1滴足して、睡眠中に焚くのもおすすめです。

aroma.jpg

※写真はレスタで販売しているディフューザーとアロマオイル。

◎焚き方は
専用のディフューザー(芳香器)を使用するほか、コットンに1~2滴たらして枕元に置けば、手軽に楽しめます。

◎入浴にアロマを使うときは
精油を原液のままバスタブに入れないように注意しましょう。
精油は水に溶けないので、十分に拡散せず、肌を刺激してしまうからです。粗塩や日本酒、ハチミツ大さじ1に、精油を3~5滴入れ、よく混ぜ合わせて使いましょう。
アロマの効果と入浴の温熱効果で、快眠効果もグッとアップしますよ。

mihashis.jpg

快眠セラピスト 三橋美穂先生 
※プロフィールなどはこちら


<レスタでアロマを楽しむ・・・>
★館内では場所に合わせたアロマを焚いています。
★1月のウェルネスプログラムでは、ハーブティー試飲と共に「香り」もお楽しみいただきます。詳しくはこちら

レスタ 近藤

レスタWEBサイトへ 五感で楽しむ…季節のおすすめプラン とめて得するタイムズクラブ新規会員募集中

(C) RESTA All Rights Reserved.