« 【夏の入浴について】~専門家による健康科学情報 | メイン | 【脱水と適切な水分補給】~専門家による健康科学情報 »

2019年7月16日 (火)

身体の内側の冷え対策~サウナ&ヨガ

こんにちは、サウナ&ヨガインストラクターのtakakoです。サウナの中で「ゆっくり美しく時を重ねるセルフケアヨガ」を伝えております。今回は身体の内側の冷えについてお伝えします。
気軽に読んで頂ければ幸いです。
 
温かい身体というと血液のめぐりの良い身体、血液のめぐりが良いと身体は温かい身体。

日頃の情報などからなんとなく知識として、そしてご自分の身体で実感されている方がほとんどだと思います。では

■身体の温度を左右する血液の働きとはどんな働きなのでしょう。

血液は心臓をスタート地点として身体中の隅々を一方通行で巡り、酸素・栄養素・ホルモンなどを要所要所に配達し心臓に戻ります。
また配達するだけでなく老廃物等を回収し排出業務をする臓器に運ぶという重要な働きも同時にしています。
つまり血液のめぐりが悪いとこの働きが鈍くなるわけです。
血液の巡りが悪いと、栄養素等は届かないどころか、毒素がたまりやすくなるのです。冷えにより血液の巡りが悪くなると代謝が悪くなるということはこういうことなのですね。

■暑い夏は身体を冷やすことで体温調整をしていきます。

冷たいものを飲むことは火照った身体を内側から急速に冷やすことができます。
ただ、冷たいものを飲み過ぎてしまうと内臓もその周りの血液のめぐりも悪くなります。そして冷えた血液が身体をめぐります。
冷たく動きの悪くなった胃腸は消化不良、便秘を引き起こしやすくなります。またお腹を壊す原因となり、必要な栄養素を取り込まずに排泄されてしまいます。
腸の不調はお肌の不調につながります。くすみやニキビの原因の1つになることも・・・・。

でも、暑いとついつい冷たいものや喉越しのいいものが欲しくなりますよね。生命維持のために身体を冷やさなくてはいけない時は冷たいものを飲んだり食べたりすることも大事ですが、普段の水分補給は常温のものを飲むようにしていくとお腹の冷えも改善されますよ。白湯もオススメです。ただしお白湯はカルキが飛んでいるので長く時間の置いたものは口にしないように注意しましょう。

Photo_2

■現在、「サウナ&ヨガ」では期間限定の【夏の冷え対策メニュー】を実施中です。
女性の冷えによるお悩み対策になるような、毎日のお風呂タイムに取り入れやすいセルフケアをお伝えしております。アンチエイジングではなく、なるべくゆっくり時を重ねて美しくなるセルフケアヨガです。お気軽にご参加くださいね。
女性クリアミストサウナにてお待ちしております。

Photo

レスタWEBサイトへ 五感で楽しむ…季節のおすすめプラン とめて得するタイムズクラブ新規会員募集中

(C) RESTA All Rights Reserved.